最近注目されている民泊経営|airbnbなら代行業者しよう

女性

競争力を強める工夫

企業だけでなく個人にもチャンスがあるairbnbですが、外国人の利用者が多いため、運用代行のサポートが必須です。スムーズな対応がキャンセル防止につながり、サポートサービスならではのノウハウが生かされます。料金はオーナーの利益も確保できる仕組みです。オプションサービスも充実しています。

運営はプロに任せる

模型

日本を訪れる外国人観光客の増加と共に、airbnbの利用者も増加しています。しかし実際に運用を始めようと思っても、言語の壁の問題や物件管理の問題などで足踏みをしている人も多くいます。そんなときに利用すると便利なのが、airbnb運用代行業者です。airbnb運用代行業者は、airbnbの運用に関わる様々な業務を、オーナーに代わって運用してくれる業者です。実際の運用代行業務の流れは、物件オーナーの依頼を受けた運用代行業者がairbnbへのアカウント登録や物件の掲載を行います。airbnbをみた宿泊希望者からの問い合わせや契約、カギの受け渡し、物件までのタクシーの手配などを代行業者が請け負います。宿泊者はairbnbのサイトを通じて宿泊料の支払いを行い、サイト運営会社から運用代行業者へ、掲載手数料を引いた民泊売上が振り込まれます。その後、代行業者から物件オーナーへ民泊売上が振り込まれ、オーナーはそこから所定の手数料を運用代行業者に支払う形となります。運用代行業者へ支払う手数料はairbnbから振り込まれる民泊売上の20〜35%が相場となっています。また、物件の清掃費は手数料とは別に、1回の清掃毎に請求される場合がほとんどとなっています。運用代行業者が請け負う業務内容は多岐に渡っていますが、自分に必要なサービス内容が選べるようになっていますので、必要なサービスのみ選んで契約することも可能です。airbnbでは優良ホストとなることで物件の稼働率が上がり、効率的に民泊経営を行うことが可能となりますので、質の良い運用代行業者を利用することが大切です。

代行業者利用のメリット

airbnb運用代行業者プロであるため、代行サービスを利用することで高品質・高水準のサービスが提供できるようになり、物件の稼働率を高めることにつながります。また、成功報酬型の料金設定も、リスクが少なく運用できることから人気となっています。

代行会社選定のポイント

airbnb運用代行会社を選ぶ際は、資本金や経営者の顔写真を公開するなど信頼のおける会社を選ぶことが大切です。また、運用実績などの情報を教えてくれる会社も信頼がおけます。提供される多言語対応や、清掃サービスの質も重要な選定ポイントの一つです。